■最終記事更新日:2012/09/26

FreeMindでマインドマップ


スポンサーリンク

サイト内検索
スポンサーリンク

サイトコンテンツ


スマホアプリ攻略記事特集

Android,iPhoneスマホゲームアプリの攻略記事です。
他にもたくさんアプリ攻略情報あり!他の Android,iPhoneゲームアプリ攻略情報を見る >>

セール中iPhoneアプリ情報

アプリレビュー

おすすめスマホゲーム・アプリ

おすすめiOS脱出ゲーム Cream room2
おすすめiOS脱出ゲーム Cream room
おすすめiOS脱出ゲーム  世界一簡単な脱出ゲーム
おすすめiOS脱出ゲーム  脱出ゲームStrange rooms Chapter 1

スポンサーリンク

このサイトの内容がお役に立ちましたら是非SNSシェアにご協力ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マインドマップをPC上で作成できるフリーソフトFreeMind – Wikipediaを使ってみました。
いまさらのいまさら、いまごろーです。
マインドマップ自体はトニー・ブザンが提唱した表現技法です。学習法、記憶法の手段として、一時期流行りました。(たしか)
主題になるキーワードを用紙の中心に配置し、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで、発想を延ばしていく図解表現技法。
脳の神経経路も枝分かれしており、人の記憶構造とマップの形が似てることから理解と記憶がしやすいとされています。
また関連キーワード通しをつないでいくため創造作業にも使われます。
関連キーワードは同じ色でまとめることで、認識力を高めます。
主に紙ベースですが、PCでも作成できるツールがあり,その一つがFreeMindです。

FreeMind自体の操作性は簡単なもので、覚えるより書いた方がはやいという意見もありそうですが、あとの管理や見やすさを考慮するとPCの方が個人的にはいいかなーと感じました。最新評価版は 0.9.0 Release Candidate。
java をベースにしたクロスプラットフォームでWindows.mac,Linuxに対応しています。

そんな訳で早速つかってみました。

色をまとめて付けるやり方がいまいち把握しきれなかったので枝ばっかりのマインドマップになりました。。。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。