『黒歴史†ダイアリー』中二病を集めて過去の行動を燃やしていく放置型育成ゲーム
■最終記事更新日:2015/09/06

『黒歴史†ダイアリー』中二病を集めて過去の行動を燃やしていく放置型育成ゲーム


スポンサーリンク

サイト内検索

サイトコンテンツ


スマホアプリ攻略記事特集

Android,iPhoneスマホゲームアプリの攻略記事です。
他にもたくさんアプリ攻略情報あり!他の Android,iPhoneゲームアプリ攻略情報を見る >>

セール中iPhoneアプリ情報

アプリレビュー

おすすめスマホゲーム・アプリ

おすすめiOS脱出ゲーム Cream room2
おすすめiOS脱出ゲーム Cream room
おすすめiOS脱出ゲーム  世界一簡単な脱出ゲーム
おすすめiOS脱出ゲーム  脱出ゲームStrange rooms Chapter 1

スポンサーリンク

このサイトの内容がお役に立ちましたら是非SNSシェアにご協力ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中二病。それは「中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語である。
中二病を集めていき、いままでの黒歴史を燃やしてなかったことにしていく育成ゲーム「黒歴史†ダイアリー」

Screen568x568


スポンサードリンク

Th 1278

「黒歴史†ダイアリー」はタップ操作だけで遊べる流行の放置型育成ゲーム。
症状(ステージ)に応じて出現する「黒歴史」を収集し、燃やしていく。

Th 1271

収集したときに表示される症例を良く読み、心当たりがある場合には「はい」、無い場合には「いいえ」を
選ぶ。

Th 1272
Th 1273

この選択肢は『黒歴史診断モード』での結果として使われる。
後で変更も可能。

操作は単純で、ゲーム性はまったりしているが、何が出てくるのかわからないが、放置型育成ゲームの楽しいところ。
ノートにエンピツで書かれた妄想世界を演出しているのも、ゲームの世界観を膨らませている。

Th 1274

燃やした黒歴史の数によって症状(ステージ)がレベルアップする。
レベルアップにともないさらに新しい症例が出現し、黒歴史がだんだんと開かれ悪化していくことが分かる。

Th 1275

Th 1276

症例の一覧ページ『黒の歴史書」から中二病の診断録が確認できる。
これは症例で選んだ選択肢によりパーセンテージが変わっていく。

Th 1284

症例は全部で100。

昔を懐かしめる放置型系育成ゲームとしては「小学生あるある」 にも共通な印象を受けたためこちらもプレイしてみると面白い。

レビュー時バージョン: 1.1.0
レビュー時価格: 無料

黒歴史†ダイアリー。中二病の診断モード付き育成ゲー(放置系) App
カテゴリ: ゲーム
価格: 無料


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。