【iPhone Tips】LINEのメッセージやり取りをテキストデータに残す方法
■最終記事更新日:2017/09/25

【iPhone初心者向け】LINEのメッセージやり取りをテキストデータに残す方法


スポンサーリンク

サイト内検索

サイトコンテンツ


スマホアプリ攻略記事特集

Android,iPhoneスマホゲームアプリの攻略記事です。
他にもたくさんアプリ攻略情報あり!他の Android,iPhoneゲームアプリ攻略情報を見る >>

セール中iPhoneアプリ情報

アプリレビュー

おすすめスマホゲーム・アプリ

おすすめiOS脱出ゲーム Cream room2
おすすめiOS脱出ゲーム Cream room
おすすめiOS脱出ゲーム  世界一簡単な脱出ゲーム
おすすめiOS脱出ゲーム  脱出ゲームStrange rooms Chapter 1

スポンサーリンク

このサイトの内容がお役に立ちましたら是非SNSシェアにご協力ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Screen568x568

iPhone6,iPhone6 Plusへ機種変更した際、今まで使っていたLINEトークのやり取りが
同じIDでログインしても履歴が消えてしまいます。

メッセージやり取りを見直ししたい場合には、履歴をテキストデータに残す方法が用意されています。
時系列に流れて行くメッセージで見返すことはそれほどないとは思いますが、残しておきたい、見返したい人には
手段を覚えておくと良いです。
なおテキストデータ上ではスタンプは表示されません。

LINEのメッセージやり取りをテキストデータに残す方法

  1. 旧端末でLINEを開きます。

  2. メッセージデータを残したい相手との「トーク画面」を開きます。

  3. 右上の「矢印メニュー」をタップして、サブメニュー画面を開きます。
  4. 「トーク設定」をタップします。

    Th 1466

  5. 「トーク履歴を送信」をタップして、ウィンドウを開きます。
    「メールで送信」を選びます。

    Th 1469

    「その他アプリ」を選んだ場合、iPhone内にインストールされているアプリが開きます。
    Evernoteなどのノートアプリを使う場合そのまま保存ができるので便利です。
    Th 1470

  6. メール画面が開くので、宛先を入力します。
    送信先でテキストファイルを保存します。

    Th 1471


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。