Solaris

【Solaris】SCSA Part1 ファイル操作-ls~【Solaris】SCSA Part1 ls command

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2010/02/17

-Solaris
-,

ファイル操作

ls

ファイルやディレクトリの情報を表示させることができる。
-i オプションを付けることで i-node の情報を表示することができる。
-l ファイルの詳細を表示する
-R サブディレクトリも含めて表示する
-a 隠しファイルを含むすべてのファイルを表示する

chmod

ファイルパーミッション変更
ユーザー表記
u 所有者
g グループ
o その他
a 全て
権限指定
+ 後述権限の付加
- 後述権限を削除
= 後述権限に変更
権限表記
r 読みだし権限
w 書き込み権限
x 実行可能権限
s セットID
t スティッキー・ビット

SetUIDパーミッション

アクセスしているユーザーを,一時的に別のUIDのユーザーに変更できる機能
SetUIDは,一般ユーザーがrootにしかできない作業を行うときに,rootのパスワードを教えることなく,
利用できるようにした便利な機能で

setuidパーミッションの設定
8進数表記:4000
chmod <4nnn>

例)

chmod 4755 speech

ls -l コマンドで出力すると ファイル所有者パーミッションが
-rwsr-xr-x
のようにファイルのパーミッションで[s]が使われる。

所有者がroot同等のファイルにsetuidパーミッションをしようすると、
ファイルを実行するユーザーが実行ファイルを介して、root同様にファイルにアクセスできてしまうので注意。

setgidパーミッション

8進数表記:2000

chmod <2nnn>

ls -l コマンドで出力すると ファイル所有者パーミッションが

-rwxr-sr-x
のようにグループのパーミッションで[s]が使われる。

setgidパーミッションが実行ファイルに設定されていると、該当ファイルのグループ所有者ではない、一般
ユーザーにアクセス権が与えられる

スティッキービット

8進数表記:1000

chmod <1nnn>

ls -l コマンドで出力すると ファイル所有者パーミッションが
drwxrwxrwt 7 root sys 400 Sep 3 13:37 tmp
のようにパーミッションで[t]が使われる。
「スティッキービット」は、ディレクトリ内のファイルを保護するアクセス権ビットです。
スティッキービットが設定されたファイル、ディレクトリを削除できるのは、
ファイルの所有者、ディレクトリ所有者、特権ユーザーのみ。

パーミッション 8進数表記 セキュリティ度
setuid 4000 低下
setgid 2000 低下
スティッキービット 1000 向上
スポンサードリンク

-Solaris
-,

おすすめ「フォトギフト写真カレンダーサービスOKURU」

こどもの大切な記録をさまざまな形で残せるところがすごくいい!! スマホの中の写真を選ぶだけで、オリジナルフォトギフトがお手元に届きます。 特製パッケージに入れてお届けするので、大切なご家族へのプレゼントにもおすすめです。

母の日ギフトなどにも使えます!

「OKURU 」の"ダウンロード"はこちら

 

-Solaris
-,

Copyright© LAGRANGE BLOG , 2021 All Rights Reserved.