Solaris

【Solaris】SCSA Part1 メモ-Solaris10 インストール 1-

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2009/11/25

-Solaris
-,

Solaris10 インストール
Solaris10オペレーションシステムでサポートされている
SPARCおよびx86系列のプロセッサアーキテクチャ
UltraSPARC
SPARC64
IA-32
AMD64

イニシャルインストール
OSがインストールされていないマシンの場合
旧バージョンのOSがインストールされている場合はSolaris10が上書きされる

ハードウェア要件

内容 要件
プラットフォーム SPARCまたはx86をベースとした各種プラットフォーム
インストールプラットフォーム 最小64MB,推奨256MB,GUIベースのインストール384MB以上
スワップスペース デフォルト512MB
プロセッサ SPARC:200MHz以上,x86:120MHz以上。ハードウェアによる浮動小数点演算のサポートが必要
ディスクスペース 最小:2GB

アップグレード
スタンダードアップグレード
ライブアップグレード
元のシステム、パラメータを保存したうえで、スタンダードアップグレードを実行
問題が起きても、リブートすると戻せる
インストールプログラム
テキストインストーラモード
グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)モード

各種インストール方法

インストールタイプ インストール方法
単一システムへの対話式インストール(ローカル) CD/DVDからSolarisインストールプログラムを実行
単一システムへのLAN経由でのインストール LAN経由でSolarisインストールプログラムを実行(ネットワークベース)
複数のシステムへの自動インストール。 カスタムJumpStartを使用
共通するソフトウェア及び構成を、複数のシステムに複製 Solarisフラッシュアーカイブを使用
複数システムへの広域ネットワーク(インターネットなど)経由でのインストール WANブートを使用
稼働状態にあるシステムをアップグレード Solarisライブアップグレード
オリジナルのSolarisオペレーティングシステムのインストール後、同一マシン上に独立したアプリケーション環境を構築 Solarisゾーンを使用

あらかじめ作成したプロファイルを使って、複数のシステムのインストールやアップグレードを自動的にかつ同時に行うことが可能
システムを設定例

100 台の新しいシステムに Solaris をインストールします。
うち 70 台は SPARC システムで、エンジニアリング部が所有し、これらは「開発者」Solaris OS ソフトウェアグループでスタンドアロンシステムとしてインストールします。
残りの 30 台は x86 システムで、マーケティング部が所有し、これらは「エンドユーザー」Solaris OS ソフトウェアグループでスタンドアロンシステムとしてインストールします。

インストール表示オプション

GUIベース 384MB nowin or text bootオプションGUIインストールの無効化ができる

メモリ 表示オプション
64〜127MBまたはnowin bootオプションまたはtipコマンドを用いた場合 コンソールベースでのテキスト表示のみ
128〜383MBまたはtext bootオプション コンソールベースでのウィンドウ表示、(グラフィックはウィンドウのみ)
384MB以上 ウィンドウ、プルダウンメニュー、ボタン、スクロールバー。アイコンを用いたGUI表示
スポンサードリンク

-Solaris
-,

おすすめ「フォトギフト写真カレンダーサービスOKURU」

こどもの大切な記録をさまざまな形で残せるところがすごくいい!! スマホの中の写真を選ぶだけで、オリジナルフォトギフトがお手元に届きます。 特製パッケージに入れてお届けするので、大切なご家族へのプレゼントにもおすすめです。

母の日ギフトなどにも使えます!

「OKURU 」の"ダウンロード"はこちら

 

-Solaris
-,

Copyright© LAGRANGE BLOG , 2021 All Rights Reserved.