本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

DTM

【DTM】UAD 1176 買ってよかった理由!MIXするときに必須な定番コンプコレクション

スポンサーリンク

「1176 Classic Limiter Collection」

「1176 Classic Limiter Collection」

基準となっている音を覚えておくことで後々の自分への投資になる

DTMミックス時定番のコンプレッサーコレクション。
3つのリビジョン違いのモデルをプラグイン化!

よく「1176系」と表現されているモデルの元ネタはこのプラグインがエミュレートしている実機です。
様々なメーカーから1176エミュレートが出ていますが、「1176 Classic Limiter Collection」は本家公式のプラグインで元祖です。

ど定番なだけにネット上、Youtubeに使い方チュートリアル動画が山程あり多彩な使い方をすぐに知ることができます!
同じ機材ならチュートリアルで紹介されている音にすぐに近づけられますから、1176プラグインを通じてミックス・マスタリングの手法も身につけられます。

元の設定価格が高いためセール時を狙っていきましょう。

1176 Classic Limiter Collectionとは

オリジナルはUniversal Audioが製造。
Universal Audio自身で音楽の歴史を築き上げてきた名機をプラグイン化しています。
音質の異なる3つのリビジョン(バージョン)違いを収録しており、それぞれ個別に使うことができます。

スポンサードリンク

1176 Classic Limiter Collectionの特徴

実践的な使い方

実践的な使い方

Universal Audioの「1176」コンプレッサーは、音楽制作および音響処理の分野で非常に有名なハードウェアコンプレッサーの1つです。このコンプレッサーは、音声や楽器の録音、ミキシング、マスタリングなどのさまざまな音響処理タスクに広く使用されています。

FETコンプレッサー:

1176は、FET(Field Effect Transistor)コンプレッサーとして知られています。FETは、アナログコンプレッサー回路において特定の特性を提供し、クラシックなコンプレッサーサウンドを生み出します。

4つの異なるモデル:

Universal Audioは複数のバージョンの1176コンプレッサーを提供しており、それぞれ異なる特性やサウンドを持っています。「Rev A」、「Rev E」、「AE」、「LN」などのモデルがあります。

コンプレッションの制御:

1176は、インプットゲイン(入力ゲイン)、スレッショルド、リリースタイム、アウトプットゲインなどのパラメータを調整して、サウンドをコントロールできます。これにより、ダイナミクスを調整し、サウンドにパンチやキャラクターを加えることができます。

オートメーション

一部の1176モデルには、自動化機能が組み込まれており、適切な設定でダイナミクス処理を自動的に調整できます。

高速なアタックタイム

1176は非常に速いアタックタイムを持ち、トランジェント(急激な音の変化)を効果的にコントロールできます。これは、ドラムやパーカッションなどの音源に特に役立ちます。

アウトボードまたはプラグイン

Universal Audioは、1176コンプレッサーのハードウェアユニットと、DAW(デジタルオーディオワークステーション)上で使用できるプラグインバージョンを提供しています。プラグインバージョンは、ハードウェアとほぼ同じサウンドを提供し、柔軟性が高いです。

使い方

スループット

1176をオーディオ信号パスに挿入し、入力ゲインノブを使用して入力レベルを調整します。スレッショルドノブを調整して、どのようにコンプレッションをトリガーするかを設定します。

アウトプット

アウトプットゲインノブを使用して、処理された信号のレベルを調整します。これにより、コンプレッサーの処理後の音をバランス良く調整できます。

アタックとリリース

アタックタイムとリリースタイムを調整して、コンプレッションの動作をカスタマイズします。アタックを速くすると、トランジェントがコントロールされます。リリースを短くすると、コンプレッションが速く解除されます。

モード選択

インプットゲインとアウトプットゲインの組み合わせによって、さまざまなモードで1176を使用できます。これにより、サチュレーションやクリッピングのようなエフェクトを加えることも可能です。

Universal Audioの1176コンプレッサーは、そのユニークなサウンドと柔軟性により、多くのプロの音楽プロデューサーやエンジニアに愛用されています。異なるモデル間のサウンドの違いを理解し、さまざまな音響処理タスクに適切に活用することが重要です。

スポンサードリンク

Universal Audioの1176コンプレッサーはどういった曲に使われますか

どんな曲に使われる?

どんな曲に使われる?

ロックミュージック

1176は、ロックミュージックのギターやドラムによく使用されます。ギターアンプにパンチとキャラクターを追加したり、ドラムのトランジェントをコントロールしたりするのに役立ちます。特に、ドラムのキックとスネアに使われることが多いです。

ポップミュージック

ポップミュージックのボーカルトラックに1176を使用することが一般的です。ボーカルに対してダイナミクスコントロールを行い、ボーカルのレベルを安定させつつ、キャラクターやエモーションを追加します。

ジャズ

ジャズミュージシャンは、1176をトランペットやサックスなどの管楽器に適用し、サウンドを滑らかにするために使用します。ジャズドラムのオーバーヘッドマイクにも適しています。

エレクトロニックミュージック

エレクトロニックミュージックプロデューサーは、1176をシンセサイザー、ベース、ドラムマシンなどの電子楽器に使用して、サウンドをシェイプし、トランジェントを強調したり、サチュレーションを追加したりします。

カントリーミュージック

カントリーミュージックのアコースティックギター、ヴォーカル、フィドルなどにも1176は使われます。アコースティック楽器にパンチとプレゼンスを与え、ヴォーカルにクリアネスをもたらします。

クラシック音楽

クラシック音楽の録音においても、1176はオーケストラや室内楽の録音で使用され、音楽のダイナミクスを調整します。

マスタリング

1176はマスタリングエンジニアによっても使用され、アルバム全体の音楽のダイナミクスを均一化し、一貫性を持たせます。

要するに、1176コンプレッサーは多岐にわたるジャンルと楽器で使用され、音楽制作のさまざまな側面でその特性が活かされています。そのユニークなサウンドとダイナミクス処理の能力から、プロデューサーやエンジニアにとって重要なツールの1つとなっています。

UA 1176 Classic Limiter Collection Plug-Ins Sound Examples | UAD Native & UAD-2

1176 Classic Limiter Collection 購入はこちら >>

【2023/11/30まで 50%OFFの期間限定セール中!】 ¥ 49,499 ⇒ ¥ 24,667 (※価格に為替レート影響あり)
1176 Classic Limiter Collection 購入はこちら >>

-DTM
-, ,