\r\n\r\n

松坂桃李の出演映画作品

\r\n

孤狼の血

\r\n孤狼の血で松坂桃李は第42回日本アカデミー賞「最優秀助演男優賞」を受賞しています。\r\n\r\n[caption id=\"attachment_195524\" align=\"alignnone\" width=\"1000\"]\"孤狼の血\" 孤狼の血[/caption]\r\n\r\n
昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団同士の抗争が激化し…。
\r\n\r\n

娼年(主演)

\r\n舞台から引き続きの配役で主役を務めた松坂桃李。\r\n過激なシーンが話題になりました。\r\n\r\n[caption id=\"attachment_195525\" align=\"alignnone\" width=\"1000\"]\"娼年\" 娼年[/caption]\r\n\r\n\r\n\r\n
名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。
\r\n\r\n[st-card id=189231 ]\r\n\r\n\r\n

彼女がその名を知らない鳥たち

\r\n\r\n松坂桃李は不倫男役に挑んでいます。\r\n\"\"\r\n\r\n\r\n
かつての男・黒崎を忘れられない十和子は、15歳上の男・陣治と暮らしている。地位も金もない陣治を嫌悪しながらも日々を過ごしていた十和子は、水島という男に出会い、情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねて来た刑事から黒崎が行方不明だと知らされ…。
\r\n\r\n

ユリゴコロ

\r\n\r\n物語の秘密を探していく男・亮介役を松坂桃李が演じています。\r\n[caption id=\"attachment_195527\" align=\"alignnone\" width=\"1000\"]\"ユリゴコロ\" ユリゴコロ[/caption]\r\n\r\n\r\n\r\n
カフェを営む亮介。ある日、男手ひとつで育ててくれた父親が余命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵が姿を消してしまう。新しい家族を作ろうとしていた矢先の出来事を受けとめ切れない亮介は、実家で「ユリゴコロ」と書かれた1冊のノートとめぐりあう。
\r\n\r\n

湯を沸かすほどの熱い愛

\r\n\r\n松坂桃李は物語のキーになるヒッチハイカー・拓海役を演じています。\r\n
銭湯を営む幸野家は、1年前に父が出奔して休業状態。母・双葉は持ち前の明るさと強さでパートをしながら娘を育てていたが、突如余命2カ月と宣告される。死ぬまでにするべきことを決めた彼女は、1つずつ実行しながら、家族の絆を結びつけていく。
\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n\r\n"},{"@type":"BreadcrumbList","@id":"https://blog.earthyworld.com/archives/tag/matuzakatori/#breadcrumblist","itemListElement":[{"@type":"ListItem","position":1,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://blog.earthyworld.com/","url":"https://blog.earthyworld.com/","name":"LAGRANGE BLOG | 脱出ゲーム攻略,スマホアプリ攻略,アプリレビュー掲載"}},{"@type":"ListItem","position":2,"item":{"@type":"WebPage","@id":"https://blog.earthyworld.com/archives/tag/matuzakatori/","url":"https://blog.earthyworld.com/archives/tag/matuzakatori/","name":"松坂桃李"}}]}]}

松坂桃李

松坂桃李の魅力とは?

1988年生まれで身長183cm。丹精な顔立ちと低く甘い声で数々の女性を魅了する俳優です。
モデルから俳優へ転身し『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で大ブレイク。

テレビドラマだけでなく、映画、舞台と幅広く活躍、
また演技が上手く、見ている人を惹きつけます。映画での受賞歴はあらゆる男優賞を総ナメしているのもうなずけます。ただのイケメン俳優ではありませんよ。

松坂桃李の出演映画作品

孤狼の血

孤狼の血で松坂桃李は第42回日本アカデミー賞「最優秀助演男優賞」を受賞しています。

孤狼の血

孤狼の血

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団同士の抗争が激化し…。

娼年(主演)

舞台から引き続きの配役で主役を務めた松坂桃李。
過激なシーンが話題になりました。

娼年

娼年

名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。

「娼年」のフル動画は無料で見られる?松坂桃李の尻の痙攣が凄い濡れ場シーンで話題になった女性向けの恋愛映画。

この映画の読み方は「少年」どうように「ショウネン」と読みます。 邦画『娼年(ショウネン)』はいまや大人気俳優となり若い世代だけでなく、幅広い世代から大人気な松坂桃李の濡れ場シーンがあることで話題になっ ...

彼女がその名を知らない鳥たち

松坂桃李は不倫男役に挑んでいます。

かつての男・黒崎を忘れられない十和子は、15歳上の男・陣治と暮らしている。地位も金もない陣治を嫌悪しながらも日々を過ごしていた十和子は、水島という男に出会い、情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねて来た刑事から黒崎が行方不明だと知らされ…。

ユリゴコロ

物語の秘密を探していく男・亮介役を松坂桃李が演じています。

ユリゴコロ

ユリゴコロ

カフェを営む亮介。ある日、男手ひとつで育ててくれた父親が余命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵が姿を消してしまう。新しい家族を作ろうとしていた矢先の出来事を受けとめ切れない亮介は、実家で「ユリゴコロ」と書かれた1冊のノートとめぐりあう。

湯を沸かすほどの熱い愛

松坂桃李は物語のキーになるヒッチハイカー・拓海役を演じています。

銭湯を営む幸野家は、1年前に父が出奔して休業状態。母・双葉は持ち前の明るさと強さでパートをしながら娘を育てていたが、突如余命2カ月と宣告される。死ぬまでにするべきことを決めた彼女は、1つずつ実行しながら、家族の絆を結びつけていく。