おすすめのVOD・スマホアプリ・スマホゲームアプリの紹介サイト

LAGRANGE BLOG

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」のネタバレ・あらすじまとめ。かわいいラティナを見て癒やされる家族愛物語


スポンサーリンク

アニメ 動画配信

-アニメ, 動画配信
-, , ,

□サイト内検索:

投稿日:2019/08/25 更新日:

人気【常時更新】ゲーム好きは一度はプレイしたい!面白くてハマるおすすめのスマホゲームランキング

スポンサーリンク
アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6話」の見逃し配信動画を視聴するには?髪と身長が伸び大人っぽくなったラティナはデイルの故郷へ向かう

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の見逃し配信はU-NEXT独占配信


アニメ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6話」の見逃し配信動画を視聴するには?髪と身長が伸び大人っぽくなったラティナはデイルの故郷へ向かう

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の見逃し配信をしているのはU-NEXTです。
マイリストに入れておくと配信後表示されるようになりますよ。

U-NEXT登録後は31日間のお試し期間!無料期間以内に解約すればアニメを無料視聴できます。



あなたがU-NEXTを使うメリットはたくさんあります!
・東証一部上場企業が運営
・動画見放題タイトル80,000作品以上配信
・映画以外にも国内・海外ドラマも充実
・雑誌70誌が読み放題
・ポイントを使ってマンガも読める
・ファミリーアカウントで最大4人まで同時使用可能
・オフライン再生対応。スマホがあればいつでもどこでも見られる
・解約もすぐできる。

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」はU-NEXT独占見放題開始中!

今すぐ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を”無料視聴する”にはこちら

※31日以内に解約すれば「無料」です。登録は3分以内で完了します

スポンサードリンク
スポンサードリンク

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 あらすじ・ネタバレ

第2話 「ちいさな娘、新たな生活をはじめる」

普段デイルは魔獣駆除の完了報告をするために体の一部を切り取っていたが、今回は
依頼主とともに現地確認をしないといけなくてラティナをつれていけず迷っていた。

ラティナのデイルを呼ぶ声を聞き目覚めたラティナを下の階へ連れてくるディル。
あまりの親バカっぷりにリタは説教をする。

デイルは出発時にラティナの頭をなでて「行ってきます」を言う。
対応がわからないラティナの顔をみてリタは「行ってらっしゃい」と手を振ると
ラティナも真似して行ってらっしゃいをする。

店ではケニスが客に皿を出すと客の声を聞いて
ラティナが自主的に皿を運んでいることに気がつく。

ラティナが皿を運ぶ様子を見る冒険者たち。
ケニスはラティナの対応に「まあよし」と頭を撫でると
ご褒美にデザートを食べさせる。
ケニスが仕入れに行こうとするとラティナに「いってらっしゃい」を言われ
子供は良いなとちょうしづく。

夕方、デイルが店に戻ってくるとラティナがだきつき「おかえりなさい」を言い
デイルの顔が緩む。

店の手伝いをしていたラティナの話をするリタ。
デイルはラティナが手伝って作ったマッシュポテトを食べまくる。

一週間後、ラティナは積極的に店の手伝いをし言葉を覚えていった。
ラティナがケニスの横で素直に手伝いをする様子をみてデイルは嫉妬する。

じゃがいもが切れかかるので、仕入れにいくケニスに付いていきたいというラティナは
二人で町まで出ていく。

町を歩いているとラティナは大道芸に注意がいき、
掴んでいたケニスの服を離してしまい、大道芸に夢中になっている間にケニスを見失って迷子になる。

店にもどったケニスはラティナと迷子になったことをデイルへ伝える
リタは店内にいる冒険者たちに呼びかけて皆で一斉にラティナを探す。

迷子になったラティナは町の子ども・ルディたちに声をかけられる。
言葉が通じないラティナは逃げようとすると、クロエがやってくる。
クロエはルディたちが弱いものいじめをしていると思い込んでやり返す。

ラティナは怪我をしたマルセルの傷を魔法で治すと
子どもたちの目つきが輝きラティナを質問攻めにする。

魔法を使えるのは冒険者の人たちぐらいと話す子どもたちの言葉を聞いて
ラティナは自分が迷子であることを伝える。

店のそれらしい名前をいうとルディたちはラティナを連れて店へ送っていく。
子どもたちの前にハゲ頭の冒険者「ジルヴェスター」が現れる。
ジルヴェスターは帰ろうとするルディたちに、「送るなら最後まで責任をもって送ったらどうだ?」と
子どもたちはラティナを店へ連れて行く。

クロエとラティナは友達になりジルヴェスターに送ってもらう。

ラティナは冒険者たちに「さがしてくれてありがとう」と頭を下げる。

デイルが店に走って戻ってくると、ラティナは泣いてデイルへ謝る。

夜、デイルが本の読み聞かせをしていると虹の絵を見る。
ラティナは父親の言葉を思い出して眠る。

 

第3話 「青年、留守にする。」

「ラティナが可愛すぎて仕事に行きたくない」と駄々をこねるデイル。
店の床を転がりまわり行きたくないと連呼しているとラティナにお土産でも買ってきたらとリタにすすめられる。

お土産を渡したときのラティナの笑顔を想像して「俺がんばれるかもしれない」とつぶやくデイルをリタは軽くあしらう。

夜仕事に行く前にラティナを起こして、別れの挨拶をするデイル。

ドラゴンタクシーに乗って魔王の眷属討伐の仕事のため王都へ向かうデイル。
デイルは気難しい客として運転手に認識されていた。
険しい顔をしてお土産を何にするか考えているデイルに、キャンディを渡す。

王都についたデイルはキャンディをどこで買ったのかを聞いてから
グレゴールの屋敷に向かう。

グレゴールに小さな女の子が喜びそうなお土産物を尋ねるデイル。
グレゴールが「小さな女の子とは?」と聞くとデイルは「おれんちの子」と言いグレゴールは引いてしまう。

デイルはグレゴールへ片角の魔人族の子・ラティナの事情を話す。

グレゴールの父親から仕事の内容を聞かされたデイルは
少数精鋭で目標地点へ向かい作戦会議をしていた。
会議中に突然「ラティナの成分が足りない」と叫び始める。

踊る虎猫亭では不格好な料理を客に押し付け始める。
ケニスはラティナの練習料理と客に説明すると「おいてけ」と承諾する。

ラティナが父親と一緒に村から追い出されて死んでしまったことをケニスへ話す。
家族以外で大事に思っていくれているデイルに嫌われたくないというラティナに対して
ケニスは「デイルにご飯をつくってあげる」ことを提案する。

店にはクロエがやってくる。
クロエはラティナに学舎のことを聞く。
会話を聞いていたリタはラティナの年齢を聞いて「7才」の返事に驚く。

デイルたちは魔族たちの居場所を見つけて奇襲をかけ目標を討伐する。

踊る虎猫亭ではラティナのシェパーズパイが人気料理になっていた。
ラティナは自分で運び、客の名前を覚えて皆にありがとうを言う。

半月が経ち仕事を終えたデイルは店にもどってラティナを大声で呼び、
ラティナを担ぎ上げる。

ラティナに土産を渡そうとするとラティナはキッチンへ走っていってしまう。
悲しくなったデイルの前にラティナは自分でつくったシェパーズパイを持ってくる。

自分のためにラティナが作ってくれたと言われたデイルはもったいなさすぎて食べられないと泣き叫ぶ。

スポンサードリンク

第3話 「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」 Twitterの評判

第4話 「ちいさな娘、その『事件』。」

店にやってきた冒険者の傷を魔法で治すラティナ。
魔法をつかった様子をみていたデイルは驚く。

デイルは家に戻り、魔人族の言葉を話せないと魔法が使えないとラティナへ説明する。
適正のない人間が多いため魔道具で魔法をつかっているという。
「なんで魔人族は他の人たちと仲良くしないのかな?」というラティナの質問の答えを濁すデイル。
他の魔法も覚えたいというラティナにデイルは氷の魔法をつかってコップに氷を発生させる。

学舎・アスファルの神殿へ通うことになったラティナ。
学舎についたラティナはルディたちとはなしていると
リボンに隠れたラティナの角をみて「もしかしてあなた魔人族?」と西区から来たシルビアが話しかけてくる。

学舎から戻っていてデイルに氷菓子を出すラティナ。
デイルのためのいろいろなことを覚えたいというラティナはデイルに抱きしめられる。

学舎に通いつづけるラティナたち。
外で遊んでいると授業開始のベルが鳴る。
ベルを鳴らした神官は生徒たちに苦手意識を持たれていた。

授業中、神官はラティナのリボンに隠れている魔人族の角を見つけラティナを髪を引っ張り持ち上げる。

魔人族は化け物と言う神官。
クロエは神官へ本を投げつける。
学舎の破門を盾に取り子どもたちを言い聞かせようとする神官に対して
シルビアは破門にすれば良いと本を机に打ち付け、他の子どもたちも賛同する。

暴言をはいた神官は外へ連れて行かれる。

ラティナは他の神官に魔人族と人間の違いを尋ねる。
神官か魔人族は人間よりも倍以上生きる種族であると話をされて
他人との違いにショックを受けるラティナ。

部屋にこもったラティナは氷の魔法で自分の角を折ってしまう。
大きな破裂音を聞いてケニスはラティナの部屋にむかうとラティナが血まみれになっていた。
ケニスは倒れているラティナを部屋から連れ出し止血した後、治療院につれていく。

デイルの顔を見たラティナは「角なんてなければよかった」と泣きながらデイルへ話す。
時間の進み方が違い、もうひとりになりたくないというラティナ。

もしもラティナが人間だったとしても先に死ぬとフォローをいれるデイル。
デイルはラティナと会えてよかったと話す。

子どもたちから事情を聞いたデイルは学舎の司祭へ苦情を言いに行く。

デイルは以前似たような事件でクロイツに送られてきたという神官の情報を手に入れた。
事件を黙認した神官たちにも責任が及ぶといい、担当の神官を辞めさせる。

クロエはラティナの見舞いに来ていた。
クロエはラティナの顔をはたき、心配していた胸中を話す。

ラティナの回帰祝いとして集まっていた冒険者たち。
冒険者たちはラティナの回復を祝って騒ぎ出す。

セドリックはギターを取り出しラティナに歌わせる。
ラティナの音痴な歌を聞いたデイルは子供は苦手なことがあるくらいのほうがかわいいと納得する。

第4話 「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判

第5話 「ちいさな娘、 雪に感激する。」

マルセルは父親の誕生日プレゼントを考えていた。
プレゼントに何を渡すのかを学舎の友人たちと話している様子を見ていたラティナ。

ラティナは踊る虎猫亭に帰るとケニスにお願いをする。

料理、掃除、ナイフの持ち方、雑巾の絞り方などケニスは店の手伝えることをラティナに1から教え込んでいた。
飲み込みの良いラティナの様子を見て、出来なかったのではなく知らなかったと予想する。
デイルはラティナに今まで誰かに教わってこなかったのか?と尋ねると「ラティナはまだきまってない」と話し自分の口を手で抑える。

翌日、めずらしく明るいうちに帰宅できたデイルだったが、ラティナはクロエの家に行っていてお迎えがなくて凹む。

ラティナはクロエの家へ行っていた。
クロエの家は腕の良い仕立て屋で、クロエはラティナと一緒に刺繍を教わっていた。

晩になり、踊る虎猫亭でラティナが配膳をする様子をデイルが見ていると
「ラティナをこき使いすぎじゃないか?」とデイルはケニスに言う。

「なにを人疑義の悪いことを。ちゃんと給金もはらっているぞ。ラティナは正式に雇われている家の従業員だ」と
ケニスは言いデイルは驚く。

ジルヴェスターはラティナに飲み物を持ってきてもらうと「今夜は雪になるな」と話す。
ラティナは雪を絵本でしか見たことがなかったことを話す。

ラティナが内緒で働いていたことを知り、遠慮されているのかとおちこむデイル。
ラティナはデイルの前に現れ、自分で作ったデイルの誕生月のプレゼントを渡す。

自分の働いたお金で贈り物をしたかったというラティナ。
デイルは泣きながら贈り物を受け取り、にやけた顔でフロアへ降りてくる。

ラティナがケニスにしたお願いは、デイルにプレゼントをしたいためにお金がほしいということだった。
ケニスからいっぱい教わり美味しいご飯が作れるようになりたいということもあり、ケニスはラティナは見習いとして雇う。

デイルが客たちにもらった手作りプレゼントを自慢していると、
外では雪が降り出す。

翌日、初めて見た雪ではしゃぐラティナ。
デイルの提案で、ラティナは外に出て雪を楽しむ。

デイルは仕事に出かけると仕事先は猛吹雪になるが
ラティナを連れてきたらどんな顔をするかな?と妄想して歩き続ける。

ラティナを狙う二人組が店の前にやってくる。

雪の話をラティナとしたジルヴェスターは店から出ていくが忘れ物をする。
ラティナはジルヴェスターをおいかけて忘れ物を手渡す。

ジルヴェスターと別れたラティナに二人組が現れる。
異様な雰囲気を感じ取ったラティナは走って逃げるが足を滑らせてコケる。

デイルから攻撃魔法を使わないようにいわれていたラティナ。
どうしていいかわからなくなっているラティナの前にジルヴェスターが助けに現れる。

以前二人をみていたジルヴェスターは二人を捕まえようとすると
後ろから憲兵副隊長が出てくる。
ラティナの様子を見た憲兵副隊長は「二人を連行しろ」と命令し、
二人は「まだなにもしてない」と口をすべらせ連れて行かれる。

「ここのところ他の種族を売買するブラックマーケットが暗躍している。珍しい魔人族は狙われやすい」と話す憲兵副隊長。
憲兵副隊長はラティナにシルビアの父親と自己紹介をする。
シルビアの父親の手ぶくろには刺繍がしてあった。

ラティナなジルヴェスターに連れられて踊る虎猫亭へ戻る。

スポンサードリンク

第5話 「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判

第6話 「幼き少女、旅に出る。」

デイルは故郷からの手紙をリタから受け取る。
リタはデイルの部屋をさろうとすると膝をついてしまい一時安静にする。

デイルはリタに子供ができたことをケニスから聞く。
子供が増えるならデイルとラティナは踊る虎猫亭から出ていったほうが良いか尋ねるデイルだったが
ラティナは置いていけと言われてしまう。

ラティナに仕事のお金を払っているというケニス。ラティナがお金を持っている様子を見たことがないというデイルに対して
ケニスは神殿の口座を持っているという。自分で嫁行きの持参金を用意するのではとデイルを冷やかすケニス。
ラティナは踊る虎猫亭に戻ってくる。ラティナは身長が伸び成長していた。

デイルの里帰りについていくことにしたラティナ。
旅の準備で荷物を整理しているとあることに気がつく。
ラティナはケニスに調理で使っているナイフを持っていいか?と聞くと
「そのナイフは料理用だ」と話し、旅には他にも色々な用途で使えるナイフを薦める。

必要なものはデイルが買ってくると話すケニスに対して
ラティナは「ナイフは自分が使いやすいものが良い」と言う。

ケニスは「店に行ってみるか?」と提案し、二人は買い物に行く。

ラティナはルディの父親が鍛冶屋と話すと、二人はルディの親の店へ向かう。

ラティナは店に入り、店主にルディの友達だと自己紹介をする。
ケニスはほしいナイフの話をすると店の中で良さそうなナイフを探す。

ラティナがナイフを見比べていると、奥から喧嘩をしているルディとルディの兄姉を見つける。
ルディに声をかけるラティナ。

ラティナの風貌に驚くルディとルディの兄姉。

ラティナがルディに旅に出ることを初めて話すとルディは慌ててしまう。
ケニスがフォローを入れると、ラティナはデイルのふるさとに行き、夏が終わる前に帰ってくると話すと
「なんだ帰ってくるのか」とルディは強がる。

買うナイフを決めたラティナ。
「一本くらいならくれてやってもいいが……」と話す店主。
ラティナは「今日は自分のお金で買い物がしたい。いつももらってばっかりだから」と言い自分の財布から銀貨を出す。
ラティナの手を見た店主は「2,3日あれば握りを調整できないこともないが?」と提案しラティナは調整をお願いする。

学舎で友人たちに旅へ出ることを話すラティナ。
ルディへ値引きしてもらったことのお礼をいうとルディは照る。
ラティナはみんなに手紙を書くよと話す。

ラティナのために町で女の子のローブを買いにきたデイル。
実用的な魔道具の防具にするかと妄想しているとデイルの前に
ヘルミネが現れる。

ヘルミネが苦手なデイルだったが、デイルは魔道具の店へ付き添ってもらうお願いをする。

デイルはヘルミネイチオシの魔道具の店へ入る。
ラティナに似合いそうな服を見ていると「随分小さなサイズのものを見ているのね?」と突っ込まれる。
頼まれ物とごまかすデイルだったが、選んだローブにかわいい裏地があったことと顔が緩みきっていたのを見られていた
デイルはヘルミネに見透かされてしまう。

旅の出発の日がやってくる。
ケニスとリタに挨拶をしたあとデイルは目的地と反対の方へ外へ出る。

デイルは「墓参りしていかないか?」と話し
ラティナの父親のお墓へ向かう。

森へ入ったラティナは魔獣の気配をデイルより先に感じ取り
魔獣をおいはらったデイルはどうして分かるのか尋ねると
ラティナは「ラティナは運命に守られているってよく言ってた」と話す。

更に森の奥へ進むと、体液の臭い魔獣が現れる。
近接戦をしたくないというデイルに対してラティナは魔法をかけて魔力の盾でデイルの体を覆う。

デイルは体液をかけられても服が汚れない。
あっという間に魔獣を倒したデイルはお墓へたどり着く。

夕方になりラティナはかまどを一人で準備し火を起こしていた。
ラティナは自分でご飯をつくると言い、作った料理をデイルに食べてもらう。

ケニスのご飯にはかなわないというラティナは「もっと頑張ると」デイルに話し、
この旅の間はラティナが食事の係だとデイルは決める。

ラティナは父親に「幸せだから大丈夫」と言ったことをデイルに話して星空を見上げる。

第6話「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判

第7話 「幼き少女、港町へ行く。」

デイルの故郷への道中ラティナは橋を見つける。
本でしか見たことのない橋に驚く。
馬に乗っていたラティナだったが、自分で歩きたいと言い出す。

ハーゼの町についた二人。
ラティナはクロイツとは違う雰囲気を楽しむ。
夜になり食事をするラティナ。

ラティナは一口目をたべてから途中でレモンをかける。
レモンを途中からかけて不思議に思ったデイル。
ラティナははじめからかけると料理のそのものの味がわかりにくいと話す。

なかなか寝ないラティナを見て声をかけるデイル。
ラティナは日記をつけていた。
デイルはラティナがどんなことを書いるのかが気になりだしてしまう。

ラティナは知らない土地で一人で寝るのが怖いと話し隣で寝て良いか尋ねる。
デイルは重力軽減の魔法をラティナへ教えたあと、軽くなったベッドを持ち上げ
隣り合って寝ることにする。

港町クバレについた二人。

ラティナはクロエたちへ手紙を書いて贈りたいといい、
デイルと一緒に港町を探索し始める。

町に売られている魚を見て、デイルに初めてあったときに魚をもらったことを話す。
活気ある港町で初体験に感動するラティナ。
迷子になったらこまるとデイルはラティナの手をつないであるく。

夜になり、ラティナはお気に入りの服に着替えて
レストランへ向かう。

レストランで夕食をとっていると
女性による音楽家による演奏が始まる。

音楽家を見たラティナは「あの人魔人族?」と尋ねる。
「あの人の腕輪ラティナのと一緒だよ?」
腕輪が気になったデイルは店員を呼び出す。

ラティナがクロエへ手紙を書いていると
レストランの店員が現れる。

デイルは音楽家とコンタクトが取れるように頼んでいた。
コンタクトがとれた二人は音楽家と会う。

音楽家と会ったデイルとラティナ。
デイルは友人が似ている腕輪を持っているとラティナのことを伏せながら腕輪について質問を切り出すと
ラティナは自らリボンをほどき魔人族であることをバラす。

親と死に別れたところを保護したと話すデイル。
音楽家は「グラロス」と名前を言い、腕輪は父親から子供に送られるその人のルーツを示すものと話し
自分も帽子はずし角を見せる。

グラロスは世界を旅している最中、人間族の夫と出会い
定住生活を始めたと話し、魔人族の風習について話し始める。

グラロスの故郷は1の魔王が収める国だった。

子供は母親の元で育てられ、男女が結婚してともに暮らす風習がないという。
子供が生まれにくい魔人族で、子供が生まれるのは吉事となり
男親は我が子へ腕輪を贈ると話す。

腕輪には父親の名前、この名前、祝福のメッセージが添えられる。

ラティナはペンともちラティナの腕輪にかかれていた文字を紙に書き渡すと
グラロスは「こうだったのではないですか?」と魔人族の言葉を下へ書き足す。

「スマラグディ、緑の石を意味する言葉です」

グラロスは魔人族は子に親の名前を略して呼ばせる風習があると話す。

ラティナが1の魔王の国の生まれなのか?と話すデイルに
3の魔王、6の魔王の国にはこの風習はないとグラロスは言う。

3の魔王は別名・海の魔王、
4の魔王は巨人の魔王と呼ばれている。
デイルが魔王の話を始めると「1の魔王いるの?1の魔王は2の魔王に殺されちゃったんじゃないの?」と話すラティナ。

グラロスは同意し、デイルは1の魔王が殺されたことを初めて知る。

魔王は世襲制ではないと言うグラロスに向けて
ラティナは魔人族の言葉でグラロスへつぶやく。

グラロスは2の魔王,4の魔王、7の魔王を総称して厄災の魔王と呼ぶことを話す。

グラロスは仕事の準備をはじめなければならないといい、
デイルはお礼を言って席を立つ。

別れ際、グラロスに旦那のことを聞くラティナ。
「人間族としては長く生きたほうでしょう」
子供はいるのかと話すラティナに対して「魔人族は子供が生まれにくいという混血ならなおさら」
旦那と会えて幸せだったかと聞くラティナに対して幸せだったと答え
グラロスは自分の子供がいたらこんな感じだったのかとラティナを抱きしめる。

帰り道、デイルはラティナを担ぎ歩いていく。

港町から離れデイルの故郷を目指す二人。
景色に見とれていたラティナを見てデイルは休憩を提案する。
休憩中に魚のサンドイッチを食べていたラティナのまえに
見知らぬ男が現れる。

第7話「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判


第8話 「青年、故郷に着く。」

森から現れたのは獣人族のヨーゼフで、デイルの親戚だった。親戚について話すデイルだったがラティナはよくわからない表情をする。
ラティナはヨーゼフの娘・マーヤを見てから食事の手伝いをする。

食事が並ぶとマーヤは目覚める。ラティナを見たマーヤは目を伏せるが、マーヤはすぐにラティナに慣れて懐き始める。
シチューをたべて何の肉か?を尋ねるラティナ。
シチューの肉はイノシシの肉だった。
ヨーゼフは明日の狩りは男手総出で出発しうまくいけば保存肉をもたせてやれるとデイルへ話す。
キッカケは村の巫女のお告げが出たためだった。
お告げの話を聞いたラティナはスプーンを落とす。
ラティナの怪しい様子を見ていたデイルはラティナが故郷を追われた原因になっているのかと心配する。

翌日、食事をしているとマーヤはラティナの心配をして泣き出してしまう。
その様子を見ていた母親は「小さい子供ってのは周りの感情に敏感だからね。ラティナちゃんも泣きたいときはちゃんと泣いとくべき」と話す。
話を聞いたラティナも泣き出す。

ヨーゼフたちがもどってくると魔獣のイノシシx2を捉えていた。
ラティナはデイルへ生まれたときに予言された話を始める。

自分が悪い子で生まれた所へ帰っては行けないと予言されたラティナ。
ラティナのせいで父親が死んでしまったため予言通りだという。

デイルは神の言葉は人には難しい、ラティナの家族の言葉の方が正しかったかもしれないと
優しい言葉をかける。

出発の朝になるとラティナになついたマーヤは別れが悲しく泣き叫びヨーゼフに抑えられて暴れる。
デイルとラティナはマーヤとの別れを惜しんで出発する。

デイルの故郷に近づくと、デイルは何者かに追われていた。
罠を避けて故郷への道を通り抜けるとデイルの祖母「ヴェンデルガルド」 母「マクダ」父「ランドルフ」がいた。

デイルの同業者だと思っていた両親はラティナを見て「女の子だったのか」と驚く、

家に付き、独特の風習で靴を脱ぎ屋敷にあがる二人。
祖母にあいさつするラティナ。

祖母でもデイルのことを悪く言うのは駄目だと思うと話し
ふくれっ面になるラティナ。
ラティナは祖母から飴をもらい餌付けされる。

デイルは父親とラティナを交えて話す。
「手紙で知らせてた結婚式の日取りだが……」と聞くとラティナは驚く。
部屋には弟「ヨルク」が入ってくる。

ラティナはヨルクへ挨拶すると、ちゃんと挨拶する子でヨルクは驚く。
「ヨルクの結婚式にはラティナの晴れ着も用意させるからな」とデイルは話し、
ラティナはデイルの結婚式ではないことに気がつく。

一族の会話ははずみ夜になる。

ラティナは一人で用意された寝室へ戻る。

就寝後、デイルはラティナの声が聞こえて突然目覚める。
ラティナの部屋へ向かうデイルは部屋の隅で怯えているラティナを見つける。

ラティナが不安で寝られなくなっているのを見つけて
デイルは一緒に付き添って寝る。

翌朝、母親はデイルとラティナが一緒に寝ているのを見ると
真面目な顔でデイルをからかう。

第8話「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」Twitterの評判

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第9話 「青年、弟の結婚式と幼い少女と」

デイルの故郷での生活になれてきたラティナは
家の手伝いをして過ごしていた。
デイル母「マクダ」からデイルの好きな料理を教わっていたラティナ。

デイルの祖母「ヴェンデルガルド」はラティナに声をかけ
猟犬の世話をしている場所へ連れて行かれる。

ヴェンデルガルドにつれられ犬を見に来たラティナ。

犬好きのラティナは犬をなでても良いかを尋ねるが
ヴェンデルガルドは村のもの以外は良い反応をしないと不安になり
おとなしい犬を渡されラティナは犬をブラッシングする。

デイルは弟ヨルクと住人たちと狩りに出かけていた。
ヨルクに村の役割を諭すデイル。

夜になり犬の話をするラティナ。
デイルはヴェンデルガルドがラティナを手懐けている様子に嫉妬していると、
夕食をラティナが手伝ったと聞き喜んで食べ始める。

父親と話し部屋へ戻ってきたデイルはラティナに今幸せか?質問すると、
ラティナは今の気持ちを日記をつけていて、いつか嫌いになってしまったときに叱ってほしいと話す。

しばらく猟犬の世話をつづけると、すべての犬がラティナになつく。
村の外の人間に犬がなつかないと言っていたヴェンデルガルドは驚かされる。

ラティナはヴェンデルガルドにつれられて森の中へ入っていく。

しばらくすると毎日のように干し肉を欲しがるラティナを不思議に感じた
デイル母はデイルへ相談する。

また干し肉をもらって外へでかけたラティナをつけていくデイル。
ラティナが森の中へ入っていくと、ヴェンデルガルドが木につけた目印を見つける。

ラティナが吠えると、幻獣に干し肉を与えていた。
様子を見ていたデイルが注意すると、幻獣が喋りだす。

人とのトラブルを嫌うはずの幻獣が出てくるはずがないと言うデイルだったが、
ラティナは幻獣の群れがいると話しデイルは驚く。

幻獣と共生していることは村の主だけが引き継がれた秘密であった。

ヨルクの結婚式当日が来る。

デイルは将来ラティナが婿をつれてきたときのことを想像して泣き出しているところを
デイル父に見られる。

結婚式会場でヨルクへ花を渡したラティナは
デイルがいないのを心配しに探しに外へ出る。

デイルが寂しがっているのを察してラティナは抱きつく。

ヨルクとフリーダが儀式のためにきた場所へ散歩へ行くデイル。

デイルは一族を守るため村の外へ出て、アスファルからの依頼を受けていた。
一族を守るため暗殺の仕事をこなしていきていたデイルは闇落ちしかけていたところ
ラティナに出会って救われたとラティナ本人へ話す。

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 Twitterの反応

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
【アニメ版全話配信中】「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」ラティナに癒される!子供の成長を見守るなろう系の親バカファンタジー

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」見逃し配信を予定しているサービス(VOD)はどこ?

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の動画配信予定のVODはこちら。

ここではデイリーモーション,アニポ、9tsu,パンドラ,アニチューブなどの違法動画サイトではなく
『正規に配信される予定の動画サイト』を紹介します。
※2019年8月時点

見逃し配信
    U-NEXT 地上波同時・独占配信

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を視聴するにはU-NEXTがおすすめ

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を無料視聴するには、「動画配信サービスのU-NEXT」を利用します。
U-NEXTでは現在31日間のお試しキャンペーンを実施しています。

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」は”見放題作品”になっていますので、お試し期間注に無料視聴が可能です。
U-NEXTでは、31日以内に解約すればお金を支払う必要はありません。
VODを使って「無料」でアニメを見る方法 >>

U-NEXTの登録には簡単なユーザー情報とクレジットカード番号を入力して登録します。
登録後は、ログインして「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の視聴ページを開くだけです。

見たいエピーソードを選択するだけで、高画質・高音質で見ることができます。
U-NEXTは違法動画サイトではありませんので安心して見られます。

31日以内に解約すれば、お金を支払わなくていいので”無料視聴”が可能になるおすすめの方法です。
今のうちに登録して「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を無料視聴するのが良いですよ!
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。以外にも2018年夏のアニメの見放題対象作品がたくさん配信されています。
お試し期間にもらえるお試しポイントを使えば、「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の原作漫画を先に読むこともできます。

U-NEXTのお試し期間を使う事で、「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の無料視聴ができます。



U-NEXTを使うメリットはたくさんあります!
・東証一部上場企業が運営
・動画見放題タイトル80,000作品以上配信
・アニメ以外にも国内・海外映画・ドラマも充実
・雑誌70誌が読み放題
・U-NEXTポイントでマンガが読める
・ファミリーアカウントで最大4人まで同時使用可能
・オフライン再生対応。スマホがあればいつでもどこでも見られる
・解約もすぐできる。

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」はU-NEXT独占見放題開始中!

今すぐ「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を”無料視聴する”にはこちら

※31日以内に解約すれば「無料」です。登録は3分以内で完了します

本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。


スポンサードリンク

□サイト内検索: 掲載アプリ数が増えてきました。攻略一覧表示で見つからないものなどは検索をご利用ください。

-アニメ, 動画配信
-, , ,

暇つぶしからやりこみまで楽しめる今流行りのスマホゲームランキングを紹介

【常時更新】ゲーム好きは一度はプレイしたい!面白くてハマるおすすめのスマホゲームランキング

人気・話題のおすすめマンガが読める「マンガアプリ」

マンガPark
・3,000話がコイン消費無しの完全無料!
・毎日2回もらえるFREEコインで毎日無料!
・白泉社の全レーベルが集結!約500作品40,000話配信中!
・曜日毎に毎日更新される連載作品多数!
・マンガParkでしか読めないオリジナル作品連載中!
マンガParkの”無料DL”はこちら >>
マンガUP
・スクエニが贈る、毎日更新の無料の漫画アプリ!
珠玉の名作から大人気連載中のマンガまで、基本無料のマンガを楽しもう! 毎日 10 作品以上更新。常時 100 タイトルも読める国内最大級の漫画アプリです。
マンガUPの”無料DL”はこちら >>
マンガBANG
・AppStoreブックカテゴリ1位獲得! 1000万DL突破の無料漫画アプリです!人気漫画が多数掲載中!
「金色のガッシュ」「BLOODY MONDAY」、「ゴッドハンド輝」、「ドンケツ」、「エリアの騎士」、「ウロボロス」、「BTOOOM!」「ミナミの帝王」、「賭博黙示録カイジ」、「クロカン」「天 天和通りの快男児」などめちゃ面白い100作品1,000冊以上のコミックが無料配信中です!
マンガBANGの”無料DL”はこちら >>
マンガワン
・小学館のマンガアプリ!100以上の作品が毎日日替わりで更新!
オリジナルマンガを始め「少年サンデー」「週刊スピリッツ」のマンガを配信中。配信タイトル例は『出会って5秒でバトル』『ケンガンアシュラ』『ケンガンオメガ』『血と灰の女王』『最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます@comic』 『プロミス・シンデレラ』『からかい上手の(元)高木さん』など
マンガワンの”無料DL”はこちら >>
マンガMee
・日本屈指の有名少女漫画タイトルが結集した集英社の少女マンガアプリ!
23時間に1回回復する1話読めるチケットのほか、往年の名作が読めます。 【掲載中のオリジナル作品】・鬼獄の夜
 ・君が死ぬまであと100日
・殺したいほど、アイしてる
 ・奈落の花・店長になんて惚れません!
・蘭と葵
・俺たち乙女ゲーボーイズ
・サレタガワのブルー
・ツッパリくんは報われない
・ハタチまでになんとかシたい


マンガMeeの”無料DL”はこちら >>
ヤンジャン!
・「週刊ヤングジャンプ」本誌連載作品から、「となりのヤングジャンプ」連載作品を配信する集英社のマンガアプリ!
【掲載マンガ例】キングダム、東京喰種 トーキョーグール:re、テラフォーマーズ、ゴールデンカムイ、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜など
'ヤンジャンの”無料DL”はこちら >>
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スマホアプリ攻略記事特集

Android,iPhoneスマホゲームアプリの攻略記事です。
他にもたくさんアプリ攻略情報あり!他の Android,iPhoneゲームアプリ攻略情報を見る >>

 

アプリレビュー

おすすめスマホゲーム・アプリ

最新スマホゲーム攻略はこちらから!

他にもたくさんアプリ攻略情報あり!他の Android,iPhoneゲームアプリ攻略情報を見る >>

おすすめ記事

ボヘミアン・ラプソディ 1
2
3
ゆうべはお楽しみでしたね 4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

-アニメ, 動画配信
-, , ,

スポンサーリンク

Copyright© LAGRANGE BLOG , 2019 All Rights Reserved.